DHAの効能

【忙しい人でもわかるDHA基礎知識】DHAの上手な摂取法

近年の健康ブームで魚を食べる事が見直されてきています。いつまでも健康でいたいのは誰もが同じです。そのため、日本ならではの食事が見直されていて、有名俳優や女優さんもマクロビオテックや日本食を気に入って食べている方も多くいらっしゃいます。

そもそもDHAは多価不飽和脂肪酸の1つで人の体では作ることが出来ず、食品からしか摂取出来ない栄養素です。また、必須脂肪酸の2つです。DHAの効果は脳や神経組織の発育、機能維持に必要な成分で脳だけでなく、心臓、目や胎盤に多く含まれています。

特に脳に多く存在します。脳内のDHA量が減ってしまうと、情報伝達が滞ってしまい、乳幼児の脳や神経の発達に悪い影響が出てしまいます。まら、老化も促進され学習能力や視力低下を引きお越してしまいます。

不足すると以下の病気のリスクが高まります。動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、高血圧と言った病気の予防、体質改善効果もあると期待されています。DHAの上手な摂取方法として脂肪の酸化を防ぐためにビタミンA、ビタミンC、Eなどの豊富な食材を組み合わせて煮たりして脂肪が外に逃げないように調理すると効率よく摂取出来ます。

DHAの摂取量は0.5から1.0gが1日の適量になります。DHA1gはさんま1匹、イワシ2匹分の量になります。DHAを摂取する事で血液サラサラになったり、気管支喘息や花粉症、免疫力強化、コレステロールなどに効果や効能があります。

また、DHAを多く含む食品には舌平目、八目鰻、カワハギ、サバ、タイ、マグロなど食卓でもおなじみの魚で摂取出来ます。なかなか魚を食べる食生活を送っていない方や魚を食べるのが苦手な方はDHAサプリで摂取してもいいと思います。

サプリメントを選ぶ際は自社農場をもっていて、そこで有機栽培され、自社工場で収穫から出荷を行っている会社が一番よいとされています。食品だけでは一日の栄養が完璧に摂ることができません。日々の食事の補助として摂取する事を勧めます。

なぜならビタミンA、B、Cは加熱に弱く、食べる事頃には栄養素は消えてしまってるからです。最近、生活習慣病が機になったり、美容効果、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などを患ったりしている方に特に摂取して欲しい栄養素です。

サプリメントで補う方は1日の中で2、3回に分け摂取すると良いと言われています。また、空腹時は吸収が悪いので、食事中か食後に摂取する事をお勧めします。