DHAの効能

【忙しい人でもわかるDHA基礎知識】摂取法

サプリメントにはそれぞれに適した摂取方法があります。今やビタミン、ミネラル、アミノ酸等色々あるサプリメントは吸収のメカニズムがあるので、タイミングを間違えると効果的に吸収することが出来ないのです。

DHAは不飽和脂肪酸であり、必須アミノ酸にも数えられています。一日のうち一回サプリメントや食事で摂取する事が望まれています。適正の摂取量は、厚生労働省が決めている日本人の食事摂取基準によると1,000mg以上摂取した方がいいと言われています。

主に摂りすぎでの副作用は嘔吐と下痢と言われていますが、大きな病気につながるとは言われていません。過剰摂取の量は3,000mgとされています。DHAは青魚などに多く含まれており、青魚の頭を摂取出来れば効率よくDHAを摂ることができます。

DHAは神経系や脳に多く含まれているのです。そしてDHAを多く含む魚を見極める方法として考えられるのは油がのっている青魚が良いと言われています。旬の時期に食べる青魚は効果的ですね。食べ方はできる限り生に近い方法が好ましいとされています。

次に焼いた状態、煮魚や上げてしまうと多くのDHAが溶け出してしまいます。DHAはα-リノレン酸を摂取する事によって体内合成が出来るので、α-リノレン酸含有の油を摂取することも効果的です。

これらの摂取するのには空腹時が効果的と言われています。空腹時でなければアミノ酸は吸収されにくいのです。

DHAを食事から摂る場合ならば必然的にタイミングは空腹時になると思いますが、サプリメントで取るようならばタイミングは食前30分前や食事と一緒に摂ることが望ましいとされます。

そしてDHAは酸化に弱く、酸化を起こすと効率よく摂ることが出来ない為酸化を防止するビタミンE等と一緒に摂ると良いと言われています。

もし病気でお医者さんにかかっている場合は、自分が処方されている薬との飲み合わせも聞いてみてください。DHAを摂って健康的な身体を作りましょう。