DHAの効能

【忙しい人でもわかるDHA基礎知識】天然ものの方がいい?

DHAドコサヘキサエン酸とは人の体に必須の脂肪酸です。人間の脳や目の網膜、心臓、胎盤、精子、母乳などに多く含まれています。しかし人間の体内ではほとんど作られず、食事によって外部から摂取する必要があります。

DHAには記憶力を高めたり、健康的な視力を保ったり、アトピー性皮膚炎やアレルギーの症状の緩和にも効果を発揮します。日本人はもともと多くの魚を食生活の中で摂ってていたため、とてもバランスよく天然のDHAを摂ることができていました。

しかしライフスタイルが変化して欧米化してきたことに伴い、欧米人のように肉類や油脂類をたくさん食べるようになりました。

その結果かつてのように魚中心の食生活をしていたころよりも栄養のバランスが崩れてしまい、中性脂肪やコレステロールが異常値を示す人の割合が高くなって、生活習慣病の発病率の増加が心配されています。

健康な体の状態を維持するためには動物や植物、魚をバランスよく食事から摂らなければなりません。欧米化に偏りすぎている食事スタイルの人や魚をあまり食べない人は意識してDHAの摂取量を増やす必要があります。

DHAを豊富に含んでいるのは魚です。ただし、魚の種類によってDHAの含有量に大きな差があります。DHAは油に含まれているので、脂の乗った、ややこってりとした魚を食べるのがおススメです。

DHAが多く含まれているのはサバやイワシなどのいわゆる青い背の魚です。マグロならトロの部分に多く含まれており、マグロの目の裏のゼリー状の眼窩脂肪の部分に最も多く含まれています。

旬の時期の脂ののった魚を食生活に上手に取りいれるのがおススメです。天然の脂ののった魚などから摂取するのが理想的ですが、天然の魚以外にも手軽に加工食品から摂取することもできます。

缶詰がおススメですが、その中でもサバの水煮、サバの味噌煮、イワシ缶などは原料そのものにDHAが多く含まれているので缶汁の中にもたくさんのDHAが含まれており調理方法を工夫して捨てずに上手に利用すると効果的に摂ることができます。